お得過ぎるウォーターサーバーナビ

ウォーターサーバーとただ単に言いましても、取り扱っている水の種類に業者によって違いがあります。まずはどの種類の水を選ぶのかを検討してウォーターサーバー業者を探すようにしましょう。「RO水」もまた最近では人気となっています。逆浸透膜フィルターを通してこのRO水というのは不純物を除去した水であり、水道水や地下水などに拘らず採水されます。元々のミネラルも濾過をした際に、一緒に除去されてしまうことから、ミネラル成分を人工的に加えることもあります。
人工的なミネラル成分をこの時に含まない水もあり、「ピュアウォーター」などとこの場合は呼ばれ、もちろん不純物も全て除去されますのでミネラル成分はありませんが安心安全に飲料として使用することが出来ます。

 

「海洋深層水」も他にもあり、豊富なミネラル成分がこの水には含まれていますが、他の水よりもその採水の大変さから少々割高に設定されています。化学物質の汚染は無く、また深層200メートル以上から採水されていますので、細菌の非常に少ないという特徴があります。

 

様々なこのように種類のあるウォーターサーバーの水ですが、メリット・デメリットを多くの業者の中で比較して選ぶことが大切です。

 

 

一般的で最も人気がなのは「天然水」となります。天然水というのは、その名の通り地下水をそのまま汲み上げた水であり、一度沸騰させてからその水を飲料水用に殺菌をするため、ボトリングしたものです。
安心安全に消毒用の薬などは使用していませんので、飲むことができることから、天然水を赤ちゃんのいる家庭や、小さなお子様のいる家庭は選ぶことをオススメします。

 

少しだけこの天然水に味の調整を行っている業者もあり、「特選水」などとその場合には呼ばれることもあります。味と言いましてももちろん天然水本来の美味しさと安全性を覆してしまうものではありませんが、何も含まれていない天然水をよりナチュラルな水を求めているのでしたら選ぶようにしましょう。